タイトル JCAPロゴマーク

 

内容

 

子ども向けワークショップ

就学前児童向けワークショップ

小学生向けワークショップ(リンク説明付)

中高生向けワークショップ

障害児向けワークショップ

おとな向けワークショップ

親向けワークショップ

教師向けワークショップ


 特徴

 

●世界12ヶ国で実施され、毎年たくさんの子ども、親、教師が参加しています。

 実施国 アメリカ合衆国、カナダ、コスタリカ、イギリス、ドイツ、グランドバハマ、アイルランド、モルド バ、オランダ、ニュージーランド、フランス

●怖がらせないような言葉を使い、子どもたちの積極的な参加を利用して、子どもたちをおそれから自信へと 段階的にかえてゆきます。

●地域社会をベースとした手法です。

●エンパワメントの思想

 子どもは生まれながらにすばらしいものを持っていると認めます。

 子どもを守るべき弱い存在とみるのではなく、その内にある強さを引き出すように働きかけることをエンパ ワメントといいます。

● 幅の広い状況設定を通して、子どもの問題解決力を促進します。

● 選択肢を設けて、子どもたちがそれを選ぶことができる。

     NO! =いや GO! = にげる TELL = 話す

●ある地域が自分たちで予防(リンク説明付)できるようになれば、CAPプログラムはひとりでにひろがってゆきます。

●20人から35人規模のCAPの実践部隊は一年間に1500人以上の子どもに手をさしのべることができます。




Copyright 1999 Cyber CAP Project. All rights reserved.